夜明けの会とは

「夜明けの会」とは、クレジット・サラ金・ヤミ金融による多重債務被害者の会です。
平成9年6月に司法書士約10名が世話人となり発足しました。
「夜明けの会」の名付け親は、当時車中生活をしていた被害者の方です。
「きっといつかは自分にも夜明けが来る」との思いで名付けられました。
夜明けの会の目的は、高金利による多重債務被害の撲滅と被害者の生活改善、更生を図ることです。
現在の会員数は約200名、協力司法書士が約50名で構成されています。
「夜明けの会」パンフレット(PDF)→

所属会

●埼玉県多重債務対策協議会(正式構成メンバー)
●県央地域自殺対策連絡会議(正式構成メンバー)
●全国クレサラ・生活再建問題対策協議会(旧全国クレジット・サラ金問題対策協議会)
●全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会

相談活動

・月曜日~金曜日(10:00~17:00)は事務所を開設しています。
・相談員は全員が元被害者または解決途中の方々です。
・初めての相談は、毎週月、木、金曜日となっており事前予約が必要です。
・15:00頃から担当司法書士による面談をして債務整理及び生活再建に向けた方向性を検討します。
・法的な処理が必要なクレジット、サラ金などの債務整理は、担当司法書士が受託するか相談者の居住地近辺の司法書士をご紹介させて頂きます。
・但し、140万円を超える債務については、司法書士では代理が出来ませんので弁護士をご紹介させて頂くことがあります。
・ヤミ金融については、担当司法書士の指導のもと、夜明けの会の相談員とともにヤミ金に立ち向かってもらい解決します。

相談手続の流れ

①申込と予約 事前に電話で予約して下さい。
初回相談日は毎週月・木・金曜日です。
相談には必要書類などを持参して下さい。
必ず家族に話をし、相談には家族を連れて来て下さい。
②相談員と相談 「夜明けの会」の相談員と債務の原因や状況、生活の状態、今後の生活などについて相談をしながら書類を作成します。
③司法書士と相談 15:00頃から「夜明けの会」の担当司法書士と接見。
債務整理の方向性を相談員と一緒に検討します。
④債務整理 【サラ金など】
相談者の住所に近い弁護士、司法書士が受託します。

【ヤミ金】
相談者が「夜明けの会」の相談員と一緒に業者へ連絡して解決をしていきます。
⑤新たな相談者の相談 仕事が休みの時や空いている時間などに「夜明けの会」へ通ってもらい自分の経験を生かして新たな相談者にアドバイスをします。

定期的な行事

◆ニュースの発行◆
・2ヶ月に一回発行。夜明けの会の行事予定、活動の様子、被害体験談などを掲載しています。
  「夜明けの会」ニュース№113(PDF)→
・「夜明けの会」ニュースバックナンバー(PDF)↓
  №112№111№110№109
◆定例会◆
7月の定例会は、毎年恒例のキャンプを行います。→詳細はこちらです!
・毎月第3日曜日(14:00~16:00)に開催しています。
・定例会終了後は懇親会となります。
【内容】
  多重債務問題の現状報告、参加者の近況報告、家計簿報告、レクリエーションなど
◆レクリエーション◆
・新年会:1月の定例会で予定
・バーベキュー:5月及び10月の定例会で予定
・キャンプ:7月の海の日の前後で実施
・忘年会:12月の定例会で予定

不定期な行事

・ヤミ金融・振り込め詐欺一斉告発
・全国過払い金一斉提訴に協力(集計担当)
・埼玉県多重債務協議会(構成員)
・金利引き下げビラ配り、署名活動
・司法書士が実施している消費者教育講座に協力(中学、高校)

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com